コンパクトに収められる葬儀「家族葬」

コンパクトに収められる葬儀「家族葬」 少子化や高齢化など家族形態が変化してきており、葬儀の形式も様変わりしてきました。
近年注目されているのが家族葬で、家族や親族、親しい間柄の人のみ参列する形式のものです。
葬儀自体の流れは従来のものとほとんど変わりませんが、参列者の対応に追われることなく故人とゆっくりお別れの時間を持つことができ、体への負担が軽減できるというメリットがあります。
そして参列者が増えれば費用もかさみがちになりますが、親しい人のみが参列者になる家族葬においては費用も軽減できることもメリットとなります。
家族葬は、従来の葬儀よりもコンパクトに収められる特徴があるのです。
最近では浸透してきた葬儀形式ではありますが、家族や親族の同意が得られないということも十分考えられます。
また、後日自宅において参列できなかった人の対応に追われる可能性があることを想定しておかなければなりません。
いざというときのために、どのような形にしたいのかを考えておくことがおすすめです。

弔問客の負担が軽い葬儀「一日葬」

弔問客の負担が軽い葬儀「一日葬」 近年は社会情勢や人々の考え方の変化により、お葬式の形態が様変わりし始めています。
都市部を中心に葬儀のコンパクト化、時短化が進んでおり、しだいに地方へも広がりを見せてきました。
通常のお葬式は初日に通夜を営み、2日目に告別式と火葬が行われます。
遠方から来る弔問客や遺族の負担が大きく費用負担も少なくありません。
一日葬は、通夜を省略して告別式と火葬のみを行うもので、何かと忙しい現代社会では弔問客や遺族の負担軽減につながり、経費も抑えられることから注目を集めています。
火葬のみを行う直送と呼ばれる方法もありますが、こちらはお別れの時間をゆっくり過ごすことができないなどの理由から、遺族の多くは一日葬を好んでいるようです。
また、家族や身近な親戚、知人のみで営まれる家族葬も近年は主流のお葬式になってきました。
家族葬の場合も通夜を省略した一日葬が好まれています。
家族葬を含め様々な葬儀に対応できる業者が増えており、今後は様々な葬儀が選べる時代になりそうです。

新着情報

◎2018/7/25

遺骨をロケットに託す葬儀「宇宙葬」
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

宗教や監修にしばられない自由葬
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「葬儀 負担」
に関連するツイート
Twitter

日本の葬儀にかかる平均費用約200万円という非常に高額な価格になっています。いくら大事な葬儀とはいえ、その費用のせいで残された人に負担がかかるのでは故人も浮かばれません。葬儀の費用についてはしっかり葬儀社と事前に相談して納得のいく価格で行いたいものです。

Twitter葬儀を安く簡素に@SimpleKasou

返信 リツイート 39分前

今般の譲位ももとはといえば今上の「自分らの葬儀や突然の改元での国民負担が心苦しい」っておぼしめしから出たことだしね…そら皇子おふたりもそれぞれそういうことを言わざるを得ない流れだよな…

海つばめ【終活費用を価格破壊します】検索『散骨海つばめ』レインボーブリッジ専門の海洋散骨代行サービスです。乾燥.粉骨.散骨.読経.献花迄を総額税込2万円で(キャンペーン中)⚫︎ご遺族のご負担を軽減したい方⚫︎完全代行で船酔いの心配無し!#散骨#海洋散骨#海洋散骨サービス#葬儀#葬式#告別式 pic.twitter.com/Imcd8NEYFA

身近な人の不幸は、それだけで心に大きな負担となり、葬送の手順なども思うようにならないものです。 私どもでは、そんなご遺族の皆様の身になり代わって、喪心よりご葬儀のお手伝いをさせて頂きます。http://yokohamaseiko #yokohama #sougi #fuhou

返信先:@sainakari_hu ええーーー!!!??(;°Д°)孫だ葬儀費用負担て……なかりんさん大変でしたね……(´;ω;`) 介護とかって、こう言っちゃダメとか色々な鉄則的なのありますけど、各家庭状況や相手の性格によるから正解は絶対ないし、正直自分の始末は自分でせえって思ってしまいう…最近終活しとこうか本気で考えてますもん

海つばめ【終活費用を価格破壊します】検索『散骨海つばめ』レインボーブリッジ専門の海洋散骨代行サービスです。乾燥.粉骨.散骨.読経.献花迄を総額税込2万円で(キャンペーン中)⚫︎ご遺族のご負担を軽減したい方⚫︎完全代行で船酔いの心配無し!#散骨#海洋散骨#海洋散骨サービス#葬儀#葬式#告別式 pic.twitter.com/eCFRu8xtM1

ちなみに、保険におけるリスクとは、『想定外の経済的負担』の事です。 入院した時の医療費、働けなくなった際の収入減、死亡した際の葬儀費用、整理資金、残された家族の生活費などを指します。

Twitter福岡の保険代理店ニューライフプランニング代表 待鳥真一@nlplanning

返信 リツイート 12/17(月) 12:06

葬儀の値段が高いから家族葬にしたけど高かった。という話が流れてきた。葬儀屋が高いんだよなぁ。家族葬よりも人がたくさん来て、香典を集めた方が、お返しをした場合でも安くあがることも多い。家で葬儀をして、近所の人が手伝いに来るとスタイルならもっと経済的負担は少ない。もう戻れないけど。

Twitter廃仏毀釈を風化させない友の会会長@kenmitsu_left

返信 リツイート9 12/17(月) 8:44

いつでも死ねるように自己負担で生前葬儀するか…

滞りなく葬儀を終えて、これからは今後のこと、次男だけど近所に住んでる分負担は仕方がない、いきなり同居とかの話をされるのも心構えがまだ…急に元気なお義母さんがいなくなりお義父さんも不安もわかるし…とりあえず、ここに吐き出し…スルーしてください(*ov.v)o