宗教や監修にしばられない自由葬

宗教や監修にしばられない自由葬 葬儀というと、仏教などの宗教形式に則って行われるのが一般的ですが、最近ではそうした形式にとらわれずに行う自由葬と呼ばれるものを選ぶ方も増えています。
特徴としては、宗教形式にとらわれないことの他にも、自分で内容をプロデュースすることができるということが挙げられます。
具体的にどのような形で行われるのかということについては、例えば音楽が好きな方の場合であれば、葬儀が行われる際に生演奏や合唱、またはCDなどで音楽を流すといったことが行われます。
そして故人が何か特別な趣味を持っていた場合であれば、その趣味に関する品を展示するなどの方法もあると言えるでしょう。
さらに、動画等を会場で流しながら故人の思い出を語るなどの趣向のものもあります。
このように、自由葬では自由に企画を行えるため、故人の希望に合った葬儀ができるというメリットがあると言えます。
ただし内容によっては費用が高くなったり、準備に手間がかかってしまう場合があるといったことが注意点だと言えるでしょう。

言葉の通り自然に返す自然葬

言葉の通り自然に返す自然葬 核家族・少子化の現代では冠婚葬祭もシンプルなものを選ぶ人が増えており、一般的なお墓以外に永代供養墓を選ぶ人も少なくありません。
これらに比べるとまだ数は少ないものの、お墓に安置したり手元供養することなく自然に還る葬儀・自然葬を選ぶ人も少しずつ増えています。

海洋散骨は船で沖に出て粉上にした遺骨を海に散骨するもので、樹木葬は山などのうちの決まったエリアに埋葬されることになるものです。
どちらの自然葬も個人で勝手に好きなところに散骨したり埋葬したりすることはできず、専門の業者に依頼しておこないます。
自宅から遠い海までお骨を持っていくのが大変な場合でも、郵送で専門業者に送り遺族に代わって散骨してもらう方法があり、樹木葬は地方の山に埋葬できるところがある一方で、都心に近いエリアにある霊園でも対応している場合もあります。

自然に還りたいと考える人に向く葬儀の方法ですが、一度お骨を手放してしまうと取り戻すことができないため、後悔しないよう良く考えて選択する必要があるでしょう。

新着情報

◎2018/7/25

遺骨をロケットに託す葬儀「宇宙葬」
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

宗教や監修にしばられない自由葬
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「自然葬」
に関連するツイート
Twitter

#venomwerewolfAU #veddie 墓石を置かれる事もなく、遺体は自然葬される事も多いんだ!マジで最悪すぎて涙も枯れたよ!それが人狼から人々を護る人間にする事かよ!そういう荒みきった人生を送った狩人の中には、正気を失ったり絶望して自殺する者も多いんだ!当然だね!

Twitterそして、姪の叔母になる予定の🍟雨鳴🍫@ironfrog9mk2

返信 リツイート 昨日 17:29

事務連絡 失礼があったら心からごめんなさい。 翁長知事奥様,タケハル様、そのほか表に出て来られない方、皆様へ うちの老犬、誕生日を迎えると16歳です、もしもの事があったらいずれ沖縄の海へ流していいですか?私は母親(人間)が、小樽の海を見たいと言ったので、自然葬で海に送り出しました。

しかし自然葬は、仏教の教えではわがままな姿勢となります。それは死を真剣に考えた結果ではなく、死を表面的にとらえた考えから生まれたものです。つまりは死を個人のものとしてしか見ておらず、そこには巨大な繋がりの中に自分たちが生きているという考えがありません。(「ゼロの中の自分」7/7)

だからこそ、自分が巨大な宇宙の中心部にゆったりと存在しているという実感が大切になるのです。こうしたお釈迦様の考えを理解すると、なぜ私が自然葬に賛成しかねるのか理解してもらえると思います。お寺のあり方を批判するのは自由です。(「ゼロの中の自分」6/7)

こうした自然葬の増加は、生と死を有と無でとらえる考え方にも通じます。お釈迦様にとって命とは、「生と滅」が一体となったもので、生きていることが「有」であり、死ぬことが「無」であるとは教えていません。有と無の考え方は、釈迦以降に生まれたものです。(「ゼロの中の自分」1/7)

返信先:@1219cherrylove こんにちは 最期は温かい土の中がよいかもですよね。 今回色々調べて自然葬ってのがあったのでいいなぁって思って😊

私自身は、自然葬に反対の立場をとっています。理由は、自然葬の考え方が、仏教の教えに反するためです。仏教には、我々が何のために生まれ変わって生き続けるかという理由として、この宇宙の秩序を維持するためという答えが用意されています。(「生や死は選べない」1/7)

僧侶としては、遺骨は気味悪いものではない、ただ、他人の場所に無断で撒くような風潮は避けねばならない、と説くべきではなかったでしょうか。こうした考えが改まらない限り、自然葬や地味葬が減るとは思えません。(「死は醜くない」11/11)

そのお坊さんは、とんでもない間違いを犯しています。第一に、自然葬が一時的なブームに過ぎないという甘い考えです。彼には、自然葬の増加の背景に、現代人が心の安らぎを求め、死を真面目に考えようとしている様子が見えていないのでしょうか。(「死は醜くない」9/11)

尊厳死は大切です。 自然葬をされる方では、 自分の供養で後々までお金をかけるのなら、その分生きて行く人の為にお金を残したいと話されます。 冥らく 伊豆では海洋自然葬のお手伝いをしております。 富士山が望める水の綺麗な海域から自然回帰しています。 pic.twitter.com/XDSdMwWf1q

Twitter人生の終活サポート【冥らく 伊豆】@Wk53fGeWJVc70cB

返信 リツイート1 12/16(日) 8:23