公立の通信制高校のメリットとデメリット

公立の通信制高校のメリットは学費が非常に安いこと

GO通信制高校 / 通信制・単位制の飛鳥未来高等学校 - 学校法人 三幸学園

通信制高校には私立だけでなく、公立の学校もいくつか存在しています。
それらの通信制高校のメリットは学費が非常に安くなっている点です。
特に私立では、一年間で100万円程度かかってしまう場合もある学費が、公立の場合は30万円から10万円程度で済ませることも可能です。
基本的に授業もレポートの提出などが中心になっているので、自学自習を行わなければ単位を取得することが出来ない問題があるものの、交通費や下宿代などを考える必要はありません。
経済的に問題を抱えている方には非常におすすめできますし、安価に卒業認定資格を取得したい方にも都合が良いでしょう。
場合によってはインターネットにアクセスして課題を提出することもできるので、通学が殆ど無い場合もあります。
学校指定の制服やカバンなどを購入する必要もなく、経済面でのメリットは非常に大きいと言えます。
ただし、経済的に問題がある場合は、通信制高校に通うのではなく、大学卒業認定資格試験を受験して合格を取得する方法も良いでしょう。
高校卒業認定試験に合格すれば、受験料金だけで高校卒業の資格を手に入れることが出来ます。
経済的に困っている方や、卒業資格を速やかに取得したい方には都合が良い制度と言えますし、独学で試験内容を勉強する負担はありますが、インターネットなどを利用して書籍を購入していけば独学でも問題なく合格することは可能です。
通信制の学校ではこれらのサポートが不十分な学校もあるので、予め入学前に見学した上で利用していくと良いでしょう。

公立の通信制高校のメリットは学費が非常に安いこと / 私立の場合は可能な限り手を尽くして生徒に手厚いサポートを行っています / 公立の通信制高校のメリットとデメリット