公立の通信制高校のメリットとデメリット

公立の通信制高校のメリットとデメリット

以上の点から、公立の通信制高校のメリットは、非常に低価格で授業を受けて、高校卒業の資格を手に入れることができるという点です。
一方でデメリットは、サポートが手厚く行われているわけではなく、進路指導や大学受験などの対策は行われていないと考えておいたほうが良いでしょう。
あくまでも経済的な事情があり、通信制高校を利用せざるを得ない環境下に晒されている方におすすめできます。
また、私立の学校であっても入学金や学費などにお金がかかってしまうことがありますが、就学支援金制度を利用することで一定額だけ安く済ませることが出来ます。
それだけでなく、就職支援に関する教育や資格取得なども行われているので、現在の状況からキャリアアップを考えている方にもおすすめできると言えるでしょう。
高校卒業認定試験を利用するか私立の通信制の学校を利用するかで、今後が大きく変わっていきます。
私立の場合は就職や資格取得、専門学校や大学入学などを考えている方におすすめできますが学費が非常に高くなってしまうことがあります。
一方で、公立の学校では、学費を安く済ませることができるので、働きながら資格を取得したい方におすすめできるでしょう。
卒業率は低めですし、3年以上かかってしまうこともありますが、高校卒業認定試験を独学で受験することが困難な場合におすすめできます。
ただし、就職支援や資格取得などのサポートはほとんど行われておらず、経済面以外でのメリットは殆どないと言っても過言ではありません。
しかし、授業が行われないことが多く、単位の取得時にもレポートの提出がほとんどなので、自分で自由な時間を確保しやすいメリットがあります。
例えば、昼間に働いている方は夜間にレポートの課題を行うことで単位の取得が容易になるのです。

〜自己紹介〜

ポケモン大好き人間

2002.02.22生まれ。
JK3 女👩

ポケモンではツタージャ推し。


・通信制高校通ってるので土曜以外学校ないです、把握よろしくお願いしますm(*_ _)m

文通相手様随時募集中!!「条件 :
女性、個人情報保護してくれる方。


欲しい : ポケモン大好き友達 pic.twitter.com/jZC0RKe0PE

— Saya!!ポケGO💛TL29埼玉 (@sayaneco22) 2019年4月20日

公立の通信制高校のメリットは学費が非常に安いこと / 私立の場合は可能な限り手を尽くして生徒に手厚いサポートを行っています / 公立の通信制高校のメリットとデメリット